おしゃれなTシャツを作るプリント技術

アパレルプリントのオーダー

おしゃれなオリジナルデザインのTシャツを作るとき、当社では「シルクスクリーン印刷」と「フルカラープリンター」の2種類の技術を使用してプリントします。

シルクスクリーン印刷でTシャツにプリントする

シルクスクリーン印刷は、デザインの色毎に製版を作成し、色毎にスキージ(ヘラ)でTシャツにプリントしていきます。
インクを高温で固着しているので、洗濯も安心です。

単色デザイン、ベタデザインに最適

シルクスクリーン印刷は、単色デザインやベタデザイン(グラデーションではなく、色面積が多いデザイン)に最適です。
色毎に版代がかかるので、多色の場合はコストアップになります。
発色はフルカラープリンターよりも良いです。(当社比較)
単色、色数が少ない、グラデーションを使わない「おしゃれなデザインTシャツ」を作りたい場合は、シルクスクリーン印刷をお勧めします。

基本的に素材は何でもOK!

基本的にコットン(綿)、ポリエステル(化繊)問わず、どんな素材のTシャツにもプリント可能です。
※一部プリントできない素材があります。

プリント工程について

  1. スクリーン版を準備する(製版)
  2. スクリーン版にインクを流し込み、スキージ(ヘラ)で刷り込みする(プリント)
  3. インクを高温で固着して完成
Tシャツのオーダープリントについては、以下のページをご参照ください。
Tシャツのオーダープリントについて

フルカラープリンターでTシャツにプリントする

当社ではEPSON製のフルカラープリンターを使用してTシャツにプリントします。
※以下情報は、EPSONホームページの製品説明文を一部抜粋しています。(大判プリンター SC-F2150|製品情報|エプソン

グラデーション、写真(画像)デザインに最適

5色のインクと高性能ヘッドを使用して、クオリティーの高いデザインをTシャツにプリントします。
シルクスクリーンではコストがかかるグラデージョンや多色なデザイン、再現が難しい細かなデザイン、写真(画像)のプリントが、フルカラープリンターでプリントできます。
版代がかからないので、デザインによってはシルクスクリーンよりもコストダウン可能です。
グラデーション、多色、細かなデザイン、写真(画像)を有した「おしゃれなデザインTシャツ」を作りたい場合は、フルカラープリンターをお勧めします。
※最大解像度は、1440x1440dpiです。

コットン(綿)、ポリエステル(化繊)へのプリントが可能

コットン素材だけではなく、ドライTシャツ人気に合わせて、ポリエステル素材へのプリントも可能です。
高い発色によるプリントを実現しています。
※当社ではコットン(綿)素材へのプリントをお勧めしています。
※当社ではTシャツの地色は、淡色(白、水色など)をお勧めします。Tシャツの地色が、濃色(黒、紺など)の場合は前処理剤の痕が残ります。

洗濯も安心のプリント技術

使用するインクは、洗濯に対しても色落ちが少なく、高い堅牢度が実証されています。
※着用の前に、プリント面を裏返し、ネット洗いすることをおすすめします。

赤ちゃんに優しいインクを使用

肌に直接触れるものなので、安全性にも配慮して、国連GHS文書が規定する危険物質は不使用です。
そのためGHSラベルの表示は不要です。
※GHSとは、化学品の危険有害性ごとに分類基準及びラベルや安全データシートの内容を調和させ、世界的に統一されたルールとして提供するものです。
※使用するインクや専用前処理剤は、繊維製品の国際的安全規格である「エコパスポート認証」を取得しています。乳幼児が触れる繊維製品に印刷したものでも、安全であることの証であり、安心してお使いいただく事が出来ます。

Tシャツのオーダープリントについては、以下のページをご参照ください。
Tシャツのオーダープリントについて